滅菌処理(高圧アルコール蒸気滅菌)のご案内

弊社では、滅菌処理を積極的な営業業務としておりませんが必要な場合は下記の仕様にて対応させていただいております。


高圧アルコール蒸気滅菌器
[ケミクレーブ EC5500]


アルコール蒸気滅菌ですから、金属の錆びや腐食を防ぐ滅菌が可能です。

※粉や油、その他液体、熱に弱い製品(樹脂・ゴム製品等)の滅菌には使用できません。


滅菌方法

Harvey型 不飽和ケミカルベーパープロセス(アルコール高圧蒸気滅菌)を行います。

弊社は、オートクレープやエチレンオキサイドガス滅菌(EOG滅菌)、プラズマ滅菌は行っておりません。



対応可能サイズ

約、幅170mm×高さ50mm×長さ300mm以下
細い棒状のものでは、長さ350mm程度以下



滅菌工程

@ 洗浄

40℃〜60℃の温水で超音波洗浄を行います。



超音波洗浄は対象物を浸漬させ、超音波の力で形状が複雑でも均一な洗浄品質が可能です。

対象物に残存した汚れは、のちの工程の消毒や滅菌効果が無効になることがあるので洗浄工程は最も重要です。


A 消毒・乾燥・パック詰め

弊社では浸漬法による消毒用エタノールを用いて対象物を消毒します。
消毒によって芽胞を除く、結核菌やB型肝炎ウイルス(HBV)、C型肝炎ウイルス(HCV)、AIDSウイルス、メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)などは死滅します。

しかし、芽胞や耐熱性芽胞、すべての細菌、ウイルスを完全に死滅させるまでは至りません。


B 滅菌

不飽和ケミカルべーパープロセスでのアルコール系溶液は比較的沸点が低いために気化しやすく、消毒効果もあるので、滅菌効率も良く、また水を使わないので防錆面でも効果があります。

滅菌処理:132℃ → 20分間

排気処理:7分間



レーザーマーキング



どんな些細なことでも構いません!
お気軽にお問い合わせ下さい。